oto-97_001-min
oto-97_002-min
oto-97_003-min
oto-97_004-min
oto-97_005-min
oto-97_006-min
oto-97_007-min
oto-97_008-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング______________________________________
こんにちは、ニシムラマコジです。


これは息子が5歳の頃の話です。



当時息子はお気に入りのおもちゃをなくし、

それで困って

どこにあるかを尋ねてくる、

という愚行をしょっちゅう繰り返しておりました。



当然おもちゃが

どこにあるかなんて知りませんから

自分で探せと言うんですが、

そこは5歳児。

その辺をウロウロするだけで、見つけることはできません。



そこで母親に泣きついたわけですが…



おもちゃが見つからなくてイライラする気持ちを

よりによって一番ぶつけてはいけない相手に

思いっきりぶつけてしまったから

さあ大変!




うるさい!




取り乱して大騒ぎしていた息子は

ブチ切れたかーちゃんに大声で一喝され、

周囲は地獄の炎に包まれました。



ところが修羅場はまだ終わっていなかったのです。



そんなことが起こっているとはつゆ知らず


どうしたの?


とその場にノコノコやってきた愚か者がいたのですが…



あんたがおもちゃなんて買ってくるせいよ!




ものの見事にとばっちりを受け…


抗うスキもないまま

瞬時に火だるまになってしまったのです。



確かに息子がなくしたと言って騒いでいたおもちゃは

僕が前に買ってきたもので、

それがなければこんな騒動は起こらなかった、

というのはその通りなんですが…



だからと言って

そんなことでキレるのは

さすがに無茶じゃないの!?


と思ってしまった次第です。



とは言え

そこで言い返すほどの勇気もガッツもない僕には、



ハハ…



とお得意の

ヘラヘラしてその場を乗り切る

という必殺技を発動することぐらいしかできなかったんですけどね。




あれから数年…


今では

息子も大きく成長し…



と言いたいところですが、

相変わらずしょっちゅうおもちゃをなくして取り乱していますし、

それを見たかーちゃんがブチ切れるのも同じで、

日常にさほど大きな変化は見られません。


強いて変化を挙げるならば、


おもちゃをなくして取り乱すラインナップに娘が加わった


ことくらいでしょうか?




この騒動はまだまだしばらく続きそうですが…




油断すると

火の粉が飛んできて

全てが僕のせいになってしまう恐れがあるので、


今後も巻き込まれないように最新の注意を払い、

常にヘラヘラして、

その場を無事に乗り切ってやろうと思います。


______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________