66話_001-min
66話_002-min


66話_003-min
66話_004-min
66話_005-min
66話_006-min
66話_007-min
66話_008-min
66話_009-min

こんにちは、ニシムラマコジです。


以前お伝えしたのですが、

かーちゃんと息子は性格がソックリで、

忘れ物なんかも

二人仲良く

しょっちゅうやらかしております。


ところが、

性格は似ていようとも

力関係で言えばかーちゃんの方が圧倒的に上…



ですので、

息子が忘れ物をした時は、

自分がどんなに忘れ物をしようと、

それはそれ、これはこれ、

といった感じで、

かーちゃんは遠慮なく息子を叱ります。



ところが…



ある日

息子がいつものように忘れ物をやらかし

かーちゃんに叱られていた時のこと。


偶然にもかーちゃんにも忘れ物があることが発覚し、

自分と同じ立場であることがわかった息子が、

ここぞとばかりにかーちゃんを責め立てる、

という事件が勃発しました。



ミスをした人を叱る立場の人間が、

実は同じミスをやらかしていた…



これ以上に気まずい事はありません。



一体かーちゃんはこの事態にどう立ち向かうのだろう…

僕は固唾を呑んで見守りました。



すると!




てへっ!



なんと…


かーちゃんは迷わず




笑ってごまかす



という道を選択したのです。



「てへっ」なんて笑う奴を漫画でしか見た事がなかった僕が、

ド肝を抜かれたのは言うまでもありません。



それは息子も同じだったようで…



結局その後

悪びれずヘラヘラ笑うかーちゃんを前に

反撃する気力を失った息子は

何も文句を言う事ができず



そのままこの事件は

かーちゃんの圧倒的勝利という形で幕を閉じました。



まあ我が家で起こった事件で、

かーちゃんが敗北を喫したことなんてほとんどないんですけどね。



とは言え

息子はぐんぐん成長してきているわけで、



今はかーちゃんの勝利で丸くおさまっている場面も、

大きくなって力を付けた息子が

かーちゃんに全力で立ち向かい、

どっちに勝利が転ぶかわからない

とんでもない修羅場になってしまう、



なんて未来が

近いうちにやって来ないとも限りません。



そんな似た者同士の激しい争いに巻き込まれるのはまっぴらごめんですので…



僕は今のうちから

そうなった場合はどうするか、

ありとあらゆる事態を想定しておいて、

とにかくすぐに逃げ出せるよう、

準備だけは整えておこう、と思います。

______________________________________

頑張れ!と思った方は応援クリックお願いします!
↓↓↓


______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________