oto-58_001-min
oto-58_002-min
oto-58_003-min
oto-58_004-min
oto-58_005-min
oto-58_006-min
oto-58_007-min
oto-58_008-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。


今まで何度も書いてきましたが、

息子はかなりの泣き虫で、

ちょっとしたことですぐ泣いてしまいます。


特にかーちゃんから怒られるのが大の苦手のようで…


舐め切っている父親には

何を言われてもどこ吹く風…

といった態度のくせに、


母親から何か言われると、

さほどキツいことを言われたわけではないのに

すぐにポロポロと涙をこぼしてしまうのです。



まあ確かにかーちゃんの迫力はなかなかのものがあるので

ビビってしまう気持ちはよく分かりますし



すぐ泣くな!

と言われて

涙が出ないようになるなら誰も苦労しないわけで…




僕も息子ほどではないにせよ、

子供の頃は泣き虫でしたし、

涙に対する理解はかーちゃんよりあるつもりですので、



ここはひとつ、俺が一肌脱いでやるか!



優しい言葉の一つもかけて

少しでもいいから息子の気持ちを軽くしてやろうと決意しました。



となるとまずは

息子の気持ちに寄り添わないといけません。



そこで僕は


「かーちゃんって鬼より怖いよな」


と言い、

怯える息子に共感し、

同じ目線に立とうと画策しました。


そうすればすぐに


「そうそう、かーちゃんってマジで怖いよね」


という同意のメッセージが返ってくるはず…




そう思ったのですが…


僕の予想は見事に裏切られました。




僕の発言の直後

息子の口から飛び出したのは…



まさかの



「とーちゃんがかーちゃんのこと鬼だって言ってたよ!」




という

想定外の

告げ口だったのです…。



ウソだろ…!?



まさかの展開にパニックになった僕は、

なんとか冷静になるように努め、

このピンチからの脱出を考えました。



が、

鬼だと言ったのは事実ですし、

そんな短時間でできることなどたかが知れてますから、

取り繕うことなどできるわけもなく…



結局何もできずに

そのまま修羅場を迎え、

最終的に

息子以上に泣きそうになって終わった、

というのは言うまでもありません。



まさかこんな裏切りにあうとは…



どんなに怒られようとも

結局一番大好きなのは母親で、

かーちゃんをバカにする奴はたとえとーちゃんだって許さないぞ!

ということなのでしょうか…?


母親想いの優しい子に育ってくれて嬉しい…

そう思う一方で、

息子を想う父親の気持ちもわかってほしい…


そんなことを思いながら

時々昔のように思いっきり泣いてみたくなる

ダメダメなとーちゃんなのでした…。

______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________