oto-54_001-min
oto-54_002-min
oto-54_003-min
oto-54_004-min
oto-54_005-min
oto-54_006-min
oto-54_007-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。

これは息子が5歳ぐらいの頃の出来事です。


以前も書いたように、

息子は極度の負けず嫌い&泣き虫で…


それは昔も今もほとんど変わっておりません。


小学生となった今では、

多少は大人になったのか、

カルタを1枚取られた程度で泣くことはありませんが…



5歳の頃は

今より勝利への執念が凄まじく、

たとえ1枚でも

自分以外の誰かが取ると

目にはみるみる涙がたまる始末。



そして

うっかり誰かにリードを許そうものなら、

まるでこの世の終わりと言わんばかりに、

泣くわ叫ぶわの大騒ぎ。



簡単に言えば



非常に面倒くさい



状況になるので、

息子と何か勝負をする時は、

うっかり勝ってしまうことがないよう、

とにかく気を遣いまくりました。



まれに芸能人なんかで

「世間の厳しさを教えるために、子供との勝負は手加減をしません」

なんて言ってる輩を見ることがありますが…



我が家でそんなことをしたら、

天地がひっくり返るほどの大騒動が起こることは目に見えておりますので、

漫画で描いたようなお手付きを、

僕は1ミリも躊躇わずに

バンバンやりまくっていた次第です。



まあ一流のアスリートはほとんど負けず嫌いだと聞きますから、

勝負に負けそうになって泣く、

なんてのは悪いことじゃないと思いますし、

勝利への執念が強いのは、

逆にいいことなんじゃないか、

とも思いますが…



ただちょっと心配だったのは、

勝利への執念が強すぎたせいか、

息子は時々


勝つためなら手段を選ばない


といった一面を見せることがあったんですよね。



簡単に言い換えると、


卑怯な手を使う


と言いますか…




小学生になった現在は、

もうそういう露骨な手を使うことはなくなりましたが、

5歳の頃は

日常的にバンバン卑怯な手を使いまくっており、

その大胆すぎる手口に、

僕はいつもヒヤヒヤしておりました。



それは一体どんな手かと言うと…



これ以上書くと長くなってしまうので、

今回はここまでにして、

この続きは次回、

漫画にしてお伝えしたいと思います。



果たして息子はどんな卑怯な手を使ったのか…



乞うご期待!


______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________