oto-52_001-min
oto-52_002-min
oto-52_003-min
oto-52_004-min
oto-52_005-min
oto-52_006-min
oto-52_007-min


頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。


皆さんのご家庭にはヒエラルキーというものは存在するでしょうか?

我が家には、

漫画に描いたような明確な階級が存在しておりまして…



頂点に君臨するのはもちろん我が家の絶対王者かーちゃん。


彼女の意向を無視した行動をとることは許されず、

子供たちもかーちゃんの言うことには素直に従います。



そしてその下に来るのは子供たち。


息子と娘には4歳という歳の差が存在しますが、

優しい兄が強引な妹に振り回されることも多く、

年齢差を考慮に入れても二人に大きな差は感じないことから、

今のところ横並びという結果に落ち着いています。



そしてその下には僕が…



と思っていたのですが…


最近は


父親よりテレビの方が大事


といった感じの扱いを子供たちから受けておりまして…




テレビを観ている時に僕が話しかけても

全く耳に届いていないようですし、


それでもしつこく声をかけようものなら


黙ってろ!


と言われる始末…



以前も書きましたが、

テレビに出てきた読めない字を読ませようとして、

僕がそれを見逃すと


役立たず


だと言われますし、


風呂に入れと言ってもテレビに夢中、

ご飯ができたと言ってもテレビに夢中で、


僕の言うことなどまるで聞こうとしません。



この状況を考えたら、


テレビの方が僕よりもランクが上



だと考えざるを得ないですよね?



今はまだ二人とも小さいからいいですが、

そのうちスマホやらゲームやらがこの階級に入り込んでくることは容易に想像ができ、

二人が大きくなれば大きくなるほど

父親の肩身は狭くなる一方だと思われます。



今後もかーちゃんが頂点であることは変わらないでしょうし、

子供たちより上に立ちたいとも思いませんが、

せめてテレビやスマホよりは存在感を上にしたい…



そのためにはどうしたらいいか、

具体的には何も思い浮かびませんが、

このまま残念な父親のまま終わるのも悲しいので、

なんとか上に行けるよう、

これからじっくり模索してみようと思います。


______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓


______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________