oto-37_001-min
oto-37_002-min
oto-37_003-min
oto-37_004-min
oto-37_005-min

こんにちは、ニシムラマコジです。


僕は子供の頃、ものすごい泣き虫でして…


親から怒られて泣き、

姉から睨まれて泣き、

友達から軽く叩かれて泣き、

まあ事あるごとに泣いてばかりいて、

周囲を困惑させたものです。



だから子供が産まれた時

この子にも泣き虫が遺伝するかもしれないな、

と危惧し、

そうならないよう強く願っていたのですが…




結果は案の定…



と言うよりむしろ



想像以上…




息子の涙腺は、

少なく見積もっても僕の5倍は緩く

ほぼ毎日のように

ちょっとしたことで泣いてばかりいるのです。



しかもただ泣くだけではなく

その大声たるや

まるでこの世の終わりのように凄まじく…



僕はメソメソ泣くタイプでしたが

息子はギャーッと咆哮するタイプでして



毎回毎回よくそんなにフルパワーで大騒ぎできるもんだと

家族はみんな感心しながら

その様子を冷ややかな目で眺める毎日を過ごしています。




だから息子の泣き声には慣れっこで

もはやそれほど驚くことはない、

と思っていたのですが…



「ウギャアアアアーッ!!!!」



その日の泣き声はいつも以上の声量で、

まるで拷問を受けているようなレベルでした。


「いったい何事か!?」


さすがの僕もビックリし、

慌てて現場に駆けつけたのですが…



その後判明した事実は

漫画で描いた通り



「シャワーが傷口にしみた」




という、なんとも情けない理由で…。




確かに傷口がしみたら痛いし、

泣きたくなる気持ちはわかるけど、

だからってその程度で断末魔のような雄叫びを上げるなんて…




幸い我が家は田舎なので、

隣の家との間隔が広く、大事には至りませんでしたが、



本気で


虐待を疑われて通報されるレベル


の泣き声だったので、

我が家が壁の薄いマンションだったり、

東京のような都会だったりしたら、

声を聞いた人に通報されて、

シャレにならない事態に発展していたかもしれません。




ささくれができて痛いとかなんとか言って号泣したある夏の日、

慌てて家の窓を閉めて周囲への声漏れを防いだ、

なんてこともありましたし、




涙が出るのはいいとしても、

些細なことで大げさに泣きわめくのはそろそろやめてほしい…

というのが本音です。




この息子の泣き虫地獄は

一体いつまで続くのでしょうか?


せめて中学生になるくらいまでには泣かずに色々我慢できるようになってほしい…


と思うのですが…



僕の場合は中2くらいまで

「ちょっとしたことで泣くヘタレ野郎」のレッテルをはがすことができなかったので


父の遺伝子を色濃く引き継ぐ息子にそれを期待するのは

無茶な話かもしれませんね…。


______________________________________

頑張れ!と思った方は応援クリックお願いします!
↓↓↓


______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________