9話_001-min
9話_002-min
9話_003-min
9話_004-min
9話_005-min
9話_006-min



こんにちは、ニシムラマコジです。



これは確か娘が2歳くらいの頃。

オムツが取れたばかりの頃のお話です。




娘はオシッコを我慢するのが得意だったのか、

割とオムツが取れるのが早く、

おかげでオムツ代も安く済んで大助かりだったんですが…



オシッコがしたい



という意思表示をするのはまだ難しかったようで…



そのため、定期的にトイレに誘い、

漏らすのを未然に防ぐ、という生活を続けていました。



もちろんトイレの誘いを面倒くさがることはあったんですが、

それでも最後は渋々ながらも応じてくれたため

それで問題なく日々を過ごしていたのです。



ところが…



この日の娘は、機嫌が悪かったのか、僕の誘いを頑なに拒みました。



僕がいくら連れションを提案しても、

「でない!」

の一点張り。



普段とは違う様子に、僕は戸惑いました。



確かに今まで、強引にトイレに連れて行ったはいいものの、結局チョロッとしか出なかった、なんてケースがあったな…

ここまで頑なな態度を取るということは、本当に出ないのかもしれない。



「本当に出ないんだね?」



最後にもう一度だけ確認しよう、と訊ねた僕は



「でない!」



という娘の高らかな宣言を聞いた瞬間、





親が子供を信じないでどうする…


よし!


娘のことを信じよう!




そう心に誓いました。







ところが…



そのわずか2秒後のことでした。








ジョジョジョジョジョジョ〜





娘から滝が!







出ないと言った舌の根も乾かぬうちに、娘は大量のオシッコを漏らしました。

前をまっすぐに見据えたまま、直立不動で漏らしました。

この量からして、限界ギリギリまで我慢していたのは間違いありません。



この時僕は学びました。


「人を簡単に信用してはいけない」


ということを。




その後、当然娘は大泣き。

泣きたいのはこっちだよ…

そう思いながら、床に広がったオシッコを拭いたことを、僕はまるで昨日のことのように覚えています。




あれから約3年…




娘はさすがに漏らすことはなくなりましたが、

今でも「オシッコがしたい」という意思表示をすることは少ないですし

珍しく意思表示をしたと思ったら、その時は膀胱がパンク寸前で大パニック、なんてこともしょっちゅうあって

まだまだ安心はできません。



一体娘を完全に信用できるようになるのはいつになるのでしょう…?

兎にも角にも、その日がやって来るまで、とーちゃんは頑張っていこうと思います。


______________________________________

頑張れ!と思った方は応援クリックお願いします!
↓↓↓

育児絵日記ランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________