2話_001-min
2話_002-min
2話_003-min
2話_004-min
2話_005-min


こんにちは、ニシムラマコジです。

これは確か息子が5歳、娘が1歳くらいの出来事だったと思います。


子供に言うことを聞かせる時、鬼を使って脅す…

なんてことはありませんか?


あんまり良くないことだと思うので、できるだけ脅しはしないようにと心がけてはいるものの…

何より手っ取り早いので、ついつい鬼に頼ってしまうんですよね。

この時もまた、いつものように軽い気持ちで鬼を利用し、娘を座らせようと試みました。


ところが、それに反応したのは



まさかの息子…。



極度の怖がりの息子としては、妹の愚行のせいで鬼に来られたらたまらないと思ったのでしょう。

顔を真っ赤にして

「早く座って!」

と妹に涙の訴えを始めました。


ところが、それに対して娘は


まさかのガン無視…。



娘もなかなかの怖がりなんですが、マイペースというか、気まぐれなところがありまして…

残念ながらその日の娘には兄の想いは届かなかったようです。

その後息子は涙が枯れるまで、来るはずのない鬼に怯え続けるのでした…。