oto-161_001-min
oto-161_002-min
oto-161_003-min
oto-161_004-min
oto-161_005-min
oto-161_006-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。


それは娘が2歳の頃のこと。

おばあちゃんがくれた

お土産を食べた時の出来事でした。



初めて見るお菓子を

勧められるがままに口に入れた娘は、

今まで味わったことのない味に

おいしい!

と言って顔をほころばせていました。



ところが…



直後に娘は

かつてない不安に襲われることになるのです。



それは僕が発した

何気ない一言がきっかけでした。



笑顔でお菓子を食べる娘を見て

何を食べているのか気になった僕は、

それが入っていたであろう箱を見て


「へー、きびだんごか。」


と呟いたんですよね。



すると

突然娘の動きが止まり…



今まで見せたことのないような

神妙な面持ちでこう呟いたのです。



「じゃあみーちゃん…



鬼退治に行かなきゃいけないの…!?」




2歳ですから当然字が読めるわけもなく、

自分が食べていたお菓子が

かの有名なきびだんごだとは夢にも思わなかったのでしょう。



きびだんごを食べた以上

桃太郎のお供をしなければならないと

思い込んでいた娘は、

もはやこれまで

といった感じで

身動きが取れない状態になってしまったのでした。



もちろんすぐに

鬼ヶ島に行く必要はない、ということを教え、

娘の不安を取り除いてあげましたが…



まさかきびだんごを食べただけで

こんな展開になるとは思わなかったので、

驚いたとともに

笑ってしまった次第です。



あれから数年…



今でも時々

きびだんごを食べることはありますが、

そんな時ふと思い出すのが

この鬼退治騒動です。



あの頃の娘はかわいかったなぁ…

なんて思い出に浸ることもありますが、


今は今でまた違ったかわいさがあるので、

その時その時の思い出を胸に刻みながら、

これからも娘とともに楽しく過ごしていきたいと思います。
______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________

 フルカラーのYahoo!版はコチラ
 ↓↓↓
hekotar_yahoo-s

______________________________________