oto-160_001-minoto-160_002-min

oto-160_003-min
oto-160_004-min
oto-160_005-min
oto-160_006-min
oto-160_007-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。


これは息子が2歳になる直前のことでした。



それまで息子は

「かーちゃん」「とーちゃん」「ニャンニャン」「ワンワン」

といった単語は話せていたものの、

2語以上は話せない状態だったんですよね。



ところが2歳を目前に控えたある日…



突然

「ワンワン いた!」

みたいな感じで2語文を話せるようになったんです。



それからはあれよあれよという感じに、

わずか数日で

とんでもないほどおしゃべりが上達しました。




かーちゃんこっち!

とーちゃんいた!

パンたべる!



といった具合に、

急激に

ペラペラおしゃべりできるようになった姿を見て、

両親は感動すら覚えておりました。




そんな中…




喋れることが嬉しかったのか、

意味もなくいろんなことを喋りまくっていた息子が、

唐突に

耳を疑うような言葉を発したのです。



「ここ 賃貸だから!」




賃貸!?




まさかの単語の登場に、

度肝を抜かれたのは言うまでもありません。




一体どこでそんな言葉を覚えたのか…

うろたえた両親でしたが、

そこである心当たりがあることに気付きました。




当時は東京に住んでおり、

賃貸マンションで暮らしていたのですが、

床や壁が汚れたら引越しする時にやばいですから、

僕は事あるごとに

「ここ賃貸だから汚さないでね」

みたいなセリフを言っていたんですよね。



それをおそらく息子が聞いていて、

脳にインプットしてしまったのでしょう。



子供をのびのび育てたいと言っておきながら、

口癖のように

賃貸マンションを汚さないように

なんて言っていたとは…



そんなのびのびとは真逆の

スケールの小さい言動をしていた自分に、

非常に恥ずかしい気持ちを覚えたのは

言うまでもありません。



あれから数年…



息子はこんな

赤ちゃんの時代があったとは思えないほど成長しましたが、



僕はいまだに

息子が壁を汚したりすると

「汚さないで!」

なんて文句ばかり言っていますから、

スケールは全く大きくなっていないようですね。



いつの日か

息子が多少壁を汚しても全く動じないような、

スケールのでかい男になりたい…



そう思っているのですが…



まあ…


無理でしょうね…
______________________________________
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________

 フルカラーのYahoo!版はコチラ
 ↓↓↓
hekotar_yahoo-s

______________________________________