oto-158_001-min
oto-158_002-min
oto-158_003-min
oto-158_004-min
oto-158_005-min
oto-158_006-min
oto-158_007-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。


それは息子が3歳くらいの頃のことでした。


夕食後、手に何かを持ってウロウロしていた息子。

一体何を持っているのかな?

気になった僕がそう尋ねてみると…



ギョーザ



というまさかの答えが。



餃子なんて油でぬるぬるですし、

手に持って歩くものではありません。

そもそも持ち歩く意味も理由もわからない…。



そこでなぜ持って歩くのか

その理由を問いただすと…



サンタさんにあげるの



というまたもや予想外の答えが!



サンタさんにプレゼントをもらったお返しに

何か自分もあげたい…

そう思うのは素晴らしいことですが、




その時の暦は6月…



世間ではもう夏と呼ばれる季節で

サンタさんがやってくる12月まではまだ半年もあるという

微妙すぎる時期でした。



そこで僕は


君の気持ちはわかるけど

サンタさんが来るのはまだまだ先だよ。


と伝えました。



すると息子は

「じゃあとーちゃんが渡しといて」と言って

僕にその餃子を手渡してきたのです。



が…




その餃子を見ると

まさかの



食べかけ…




なんと息子は

自分の食べ残しをサンタさんにあげようとしていたのです。



きっと餃子が美味しかったので

サンタさんにも分けてあげたかったのでしょう。


だからと言って食べかけの餃子をもらっても

サンタさんは困ってしまうと思いますが…


その息子の優しい気持ちを踏みにじるわけにはいかなかったので、


じゃあサンタさんに渡しておくねと

餃子を受け取った僕は、

息子の見えないところでこっそり胃の中に隠し、

この騒動の幕引きを図った次第です。



まさか餃子をサンタさんにあげようとするとは

想像すらしなかったので

とても驚きましたが、

息子の優しい気持ちにほっこりとした気持ちになりました。



あれから数年…



さすがに餃子を持ち歩くことはしなくなったものの

まだまだ変な行動も多々見られる息子ですが、

幸い優しい性格の方は

昔と変わらぬままですので、



今後も

餃子ではなく

優しい気持ちを持ちながら、

清く正しく生きていってほしいと思います。
______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________

 フルカラーのYahoo!版はコチラ
 ↓↓↓
hekotar_yahoo-s

______________________________________