oto-156_001-min
oto-156_002-min
oto-156_003-min
oto-156_004-min
oto-156_005-min
oto-156_006-min
oto-156_007-min
oto-156_008-min
oto-156_009-min
oto-156_010-min
頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング______________________________________

こんにちは、ニシムラマコジです。


それは息子が1歳の頃のこと。

まだハッキリとは喋れない時期の出来事でした。


その頃は普段オムツをしていたのですが、

尿意がどんなものかわかってきたようで、

オシッコが出そうな時に教えてくれるように

なっていたんですよね。



まだまだオムツをはずす時期は先に見えたものの、

その時を見据えて

尿意を教えてくれた時はトイレに連れて行く…

なんていう日々を過ごしていました。



そんなある日…



お風呂に入ろうとオムツを取った瞬間、

息子が

「ちっち!」

と尿意を教えてくれたんですよね。



大変だ!

と思った僕は慌ててトイレに連れて行ったんですが…



便器に座らせた瞬間

「ないない!」

という

おしっこは出ませんという意思表示が。



その笑顔を見て

息子にからかわれたと気づいた僕は、

やれやれ…と思いながら

風呂場に戻りました。



が…



「ちっち!」



その途中で息子からまさかの一言が。




今度こそ出るのか!?



慌ててトイレに連れて行くと…



「ないない!」



またもやおしっこは出ませんという一言が!



ふざけやがって…




明らかに調子に乗っているであろう息子に

軽い憤りを感じながらも、

再度僕は

息子を抱えて風呂場に戻りました。



その間

またもや息子は

「ちっち!」

と叫んでいましたが、

何度も同じ手に引っかかる僕ではありません。



もう騙されないよ!



と無視して廊下を突き進んだのですが…


次の瞬間!




ジョジョジョジョジョジョ〜




なんと…

息子の股間から大量のオシッコが!




うわーっ!




思わず叫んだのは言うまでもありませんが、

叫んだところで状況が改善するわけでもなく…



僕はこの後

「こんなことなら

トイレなんて連れて行かずに

風呂場でオシッコさせれば良かった…」



と、激しい後悔に包まれながら

床に溜まったオシッコを

拭くハメになりました。



以前も娘のオシッコエピソードをお届けしましたが、

やっぱり子供のオシッコ管理はなかなか難しいものがあり、

トラブルの話は尽きませんね。



いや、

現在40代の僕も最近残尿トラブルが多く、

オシッコトラブルは

全世代共通の悩みと言えるかもしれません。



もう今では成長した子供たちより

僕の方がはるかに心配ですが…



もうこれ以上派手なオシッコトラブルに巻き込まれたくはないので、

僕はこれからも

不意に訪れる残尿と上手に付き合いながら、

できるだけ漏らさぬよう

頑張って生きていこうと思います。
______________________________________

頑張れ!と思った方はお願いします!
↓↓↓

子育てパパランキング
______________________________________

 全話一覧はコチラ
 ↓↓↓
ichiran

______________________________________

 フルカラーのYahoo!版はコチラ
 ↓↓↓
hekotar_yahoo-s

______________________________________